里山の自然にふれてみよう。岡山県自然保護センター

メニュー
ログイン

文字の大きさ

TOPみどころ> 虫むし、昆虫観察状況【2021年度】

虫むし、昆虫観察状況【2021年度】

2021.05.09

虫むし、昆虫観察状況【2021年度】

チョウトンボがひらひらと舞っています。
2021/07/22

↓↓↓↓↓↓↓

今までの観察状況を下記に列挙しています

2021/04/02【ホソミオツネントンボ】

虫むし、昆虫観察状況【2021年度】

越冬トンボのホソミオツネントンボがいち早く登場しました。
湿原では、シオヤトンボが出始めています。

 

2021/04/11【フタスジサナエ】

サナエトンボの仲間の羽化が見れました。

水生植物園の上池湖岸で、朝9:30頃、次々とサナエトンボの羽化が行われていました。5~6個体を目撃しました。

他、シオヤトンボの羽化も見れました。

虫むし、昆虫観察状況【2021年度】

2021/04/19【カワトンボの仲間】

虫むし、昆虫観察状況【2021年度】

そろそろかと思い、昆虫の森の奥の方に行ってきました。

羽化の様子は見られませんでしたが、羽化後間もないと思わる個体が露をまとって止まっていました。

今朝も結構冷えたので、日中気温が上がるまではこのままっぽい感じですね。

写真はアサヒナカワトンボの方ではないかと思います。

雌、白色の縁紋で羽根は無色タイプ

2021/04/22【ヨツボシトンボ】

湿原にヨツボシトンボが出始めました。

クロスジギンヤンマも羽化しているようです。

虫むし、昆虫観察状況【2021年度】

2021/05/09【ハッチョウトンボ】

虫むし、昆虫観察状況【2021年度】

湿原(東の谷)にハッチョウトンボが出始めました。

羽化したての未成熟♀が2個体。

数日前に羽化していたと思われる♀が1個体。

計3個体の確認です。

2021/05/09

2021/06/07【トキソウ・ハッチョウトンボ】

虫むし、昆虫観察状況【2021年度】

例年より早めに咲き始めたトキソウ。

令和3年のピークは5/26頃。開花数は7,828と今年も多くの花をつけました。

トキソウの花が見頃を過ぎたあたりから、ハッチョウトンボの数が増え、時折、写真のような様子を見ることができました。

2021/06/07

 

 

2021/06/10【ハッチョウトンボ交尾】

虫むし、昆虫観察状況【2021年度】

ハッチョウトンボの発生数がピークを迎えるころ、暑さの増した日中に盛んに交尾行動が見られるようになりました。

2021/06/10

2021/06/21【オオムラサキ】

虫むし、昆虫観察状況【2021年度】

オオムラサキが見られました。
写真はお客様提供です。

場所はタンチョウ棟の四阿だそうです。


2021/06/21(てぃさん撮影)

2021/07/22【チョウトンボ】

虫むし、昆虫観察状況【2021年度】

水草がよく繁茂した中栄養のため池に見られるチョウトンボ。

昨年は、上池のヒシがヌートリアの食害で見られなくなってしまい、どう関係しているのかわからないですが、このチョウトンボもほとんど見られませんでした。

今年は、何食わぬ顔でヒシが大繁茂しており、数が少ないながらチョウトンボの舞いを見ることができました。

朝は水生植物園(上池)で見られ、午後は山の上に昇る習性があるのか、湿原でふわふわ、時にカモノハシの花序に止まったりしていました。