里山の自然にふれてみよう。岡山県自然保護センター

メニュー
ログイン

文字の大きさ

TOPみどころ> 夏鳥等観察状況【2021年度】

夏鳥等観察状況【2021年度】

2021.04.14

夏鳥等観察状況【2021年度】

2021/09/20
タンチョウケージ上空にコウノトリが7羽飛来しました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今までの観察状況を下記に順に記載しています。

2021/04/14【キビタキ】

4/11ぐらいからやっと夏鳥の声が聞こえるようになりました。4/14の朝は3カ所ほどからキビタキの声が聞こえていました。

野鳥観察小屋周囲で1個体、タンチョウ棟周囲で2個体。

夏鳥等観察状況【2021年度】

2021/04/15【コサメビタキ】

2021/04/15
センター棟周囲でコサメビタキを見かけました。
小刻みで軽快なさえずりを繰り返しながら、はしっこく飛び回っていました。

夏鳥等観察状況【2021年度】

2021/04/23【ビンズイ】

夏鳥等観察状況【2021年度】

水生植物園の近くで通過鳥のビンズイを見かけました。

 

2021/05/28【サンコウチョウ】

夏鳥等観察状況【2021年度】

サンコウチョウが飛来していました。

トレードマークの長い尾がありませんが、例の素晴らしく美しい囀り声を聞かせてくれましたので、雄だと思われます。アイリングもしっかりしていますね。

その後、5/31に雌といっしょにいる所が目撃されたりしましたので、うまくカップルになれるといいですね。

2021/05/28

2021/05/28【イスカ】

夏鳥等観察状況【2021年度】 夏鳥等観察状況【2021年度】

今季は、令和2年度の年度末から断続的にイスカの通過が確認されました。

確認の多くはお客様情報で、職員はあまりしっかり見れていません。

また、見れても遠かったり、すぐ飛び去ったりと、なかなか良い記録は残せませんでした。

2021/05/28

 

2021/06/03【ヤブサメ】

夏鳥等観察状況【2021年度】

普段から声は聞かれるものの、ほとんど姿を現さないヤブサメ。

いや、いるのかもしれないですが、見つけられない。

見つけるコツがあるのでしょうか?

今回は、聞きなれない地鳴きとともに観察路沿いの枝に出てきました。

雨が降っていたうえ、暗く、なかなかピントが合掌せず、うまく撮れませんでした…

かろうじてトレードマークの短い尾が写っているのが1枚。

2021/06/03

 

2021/06/16【コサメビタキ巣立ち雛】

夏鳥等観察状況【2021年度】

5月末から野鳥の幼鳥が見られるようになりました。

今まで見かけた幼鳥の種類は、エナガ、シジュウカラ、ヤマガラ、ホオジロ、カワラヒワ、ツバメ、ウグイス等。

写真はコサメビタキの巣立ち雛のようですが、親鳥がまだ餌やりをしているようでしたので、邪魔しないように早々に立ち去りました。

健やかに育ってくれればと思います。

2021/06/16

2021/07/05【シジュウカラの幼鳥】

夏鳥等観察状況【2021年度】

5月末ごろから巣立ち雛は見かけたりしていましたが、その後も子育てが続いていたようです。

今回見かけた家族は、幼鳥が5羽前後いて、親も同伴していました。

写真の主はお兄さんでしょうか。

他の幼鳥がくんずほぐれつ、安全なところに移動するまで、自分は割と目立つところにいました。

 

2021/08/20【サンショウクイ】

夏鳥等観察状況【2021年度】

ピリリリリリ…ピリリリリリ…
鳴き声も名前も特徴的なサンショウクイを見かけました。
人からは、山椒食ってピリリリリと教わったような…
久しぶりに見かけたのでどうにか撮影したかったのですが、100ミリマクロではどうにも遠い…
センターでは一週間ほど声が聞こえていました。
因みに最近名前を聞くようになったリュウキュウサンショウクイではないようです。

2021/09/20【コウノトリ】

夏鳥等観察状況【2021年度】

センター上空にコウノトリが7羽、飛来しました。
コウノトリは、県内の田園各所において、晩夏から秋の渡りの時期にしばしば飛来します。
餌となるものが、魚やカエル、ザリガニ等の甲殻類、ネズミ等の小型哺乳類等で、田園地帯が好みなのがよくわかります。
タンチョウ棟近くの放飼場に2羽が着地しようとしましたが、直ぐに上空に戻りました。
午後2時25分ごろから15分ほど、主にタンチョウケージ上空を旋回し続け、東に姿を消しました。