里山の自然にふれてみよう。岡山県自然保護センター

メニュー
ログイン

文字の大きさ

友の会

2020/01/20

カモンカモン!阿部池にいらっしゃい

2020/1/19(日)9:30~12:00 自然保護センター友の会の恒例行事、冬鳥観察会。ここ数年に引き続き、阿部池での開催となりました。 厳冬期真っただ中の季節ですが、当日は10℃を超える暖かい一日となりました。 快晴で、風も凪いでいると、天気は良かったけど、鳥はいなかった…なんてことが多々ありますが、今回の観察会は、とても多くの種類を観察することができ、参加者の皆様、大満足でした。 今後も引き続き、友の会観察会をよろしくお願いいたします。 <観察会の流れ> ・集合場所近くの照明塔にハヤブサが止まっており、開始時間まで参加者の目を楽しませてくれました。 ・ソーラー施設付近に移動し、人工物に少し慣れてきた様子のカモ類達を観察しました。ミコアイサ♀、オオバン、マガモ、コガモ、ヨシガモなど ・阿部池の中ほどに移動し、ミコアイサ♂やカンムリカイツブリを観察しました。獲物をしとめたミサゴが、重そうに一生懸命羽ばたいて飛び去るところも見れました。 ・水門のあたりで児島湖にも視線を移し、キンクロハジロや、遠方のツクシガモを観察しました。締切堤防付近まで歩を進め、タゲリを観察し、お開きとしました。 ・お開き後、駐車場所までの道すがら、サンカノゴイが姿を現し、大部分の参加者が観察できたそうです。 <確認した種> ・ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、ツクシガモ、オカヨシガモ ・カイツブリ、カンムリカイツブリ ・キジバト ・カワウ ・アオサギ、ダイサギ、サンカノゴイ ・バン、オオバン ・タゲリ ・ユリカモメ、カモメ ・ミサゴ、トビ、ハイタカ、ノスリ ・カワセミ ・ハヤブサ ・モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ、オオジュリン 以上、計47種 <参加者の声> ・お天気も良く、何よりたくさんの鳥が見られてとても楽しかったです。純粋に「ミコアイサが見られた!」「ヨシガモ!!」とか、とても嬉しかったです。 ・今日は47種もの鳥が見られて最高の観察会となった。最後にサンカノゴイが見えた。 ・ハヤブサに始まり、サンカノゴイでしめくくりました。計47種の野鳥達との出会いは寒さを忘れるものでした。 ・天気も良く、多くの野鳥を見させていただきました。詳しく説明やご案内をいただきありがとうございました。 <補足> 当日、しんがりを務めていたこともあり、皆さんが見た(鳥合わせに挙がっている)もの以外に、チュウヒ、エナガ、セグロカモメを確認していますので、ご参考まで。 逆に、最後の締めくくりに現れたサンカノゴイは、私には微笑んでくれませんでした…