里山の自然にふれてみよう。岡山県自然保護センター

メニュー
ログイン

文字の大きさ

センターからの最新お知らせ

2021/01/08

最新情報 講座
社会人大学植物学科のレポート課題について

社会人大学植物学科受講生の皆様 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。昨年、レポート課題を出させていただきました。一つはマツについて、もう一つ、ネズミサシについてです。しかし、マツのデータですが、先生より皆様と議論をすることを優先したいとのことで、レポートは今回は見送りたいと思います。 よってネズミサシの成長解析のみのレポート課題とさせていただきます。 課題内容は以下の三点にお答えいただければと思います。 1:なんと116歳 伸長生長の過程を解析してみてください 2:順調な成長の後のほとんど太らない密な年輪の8年ほどの期間、これに続く広い幅の成長はどうして? 3:ネズミサシのケガ 以下の資料をURLよりDLしていただければと思います。 DLできない方はご連絡ください。 よろしくお願いいたします。


2019/03/30

講座
自然学習リーダー養成講座第11期生受講生募集のご案内

自然観察や環境学習の案内人を目指す講座です。センターのフィールドを教材とし、自然とのつきあい方や楽しみ方、里山の現状や生きものの大切さについて幅広く学んでいきます。受講修了者は当センターのボランティアとして登録していただくことができます。講座を受け自然の奥深さ、素晴らしさを伝える活動をしてみませんか?詳しくはチラシをご覧ください。


2019/03/28

講座
きのこ基礎講座のお知らせ

“きのこを知るにはどうすればいいのか、その分類や同定の方法を基礎から学びたい”と思われている方のための入門講座です。 この講座では、きのこに関する基礎知識ときのこを同定するための手法、きのこの新分類体系について勉強をしていきます。きのことはどういう生きもので、きのこの名前を知るためにはどの部分を観察し、どのような機材や薬品を使用しなければならないのかなど、顕微鏡の操作も含めて学びます。 詳しくはチラシをご覧ください!


2019/03/28

講座
社会人大学 生物学部「植物学科」のお知らせ

“里山”をご存知でしょうか?一言でいうと「人との関わりの中で生まれたもの」ですが、本講座では更に深く、けれども親しみ深く探って行きます。教材はセンターの自然そのものです。センターの森林や、湿原の成り立ち、自然の仕組みや植物生態、はたまた環境保全について、実際に野外で体験しながら学びます。また自ら調べ、考えることでより深く理解することができます。毎年、講義内容を進化させることを計画としており、繰り返し受講されることで知識レベルを深化させることができます。受講修了者は当センターのボランティアとして登録していただくことができます。 詳しくはチラシをご覧ください!