里山の自然にふれてみよう。岡山県自然保護センター

メニュー
ログイン

文字の大きさ

TOPセンターブログ> そんなのアリ!?~アリの摩訶不思議な社会~

そんなのアリ!?~アリの摩訶不思議な社会~

2020.01.15

そんなのアリ!?~アリの摩訶不思議な社会~

「冬にアリの観察会なんて、そんなのアリ???」ということで、このイベントやりました。今回登場いただいたのは、和気町に地域おこし協力隊として来られた末廣先生です。この人、幼少の頃からひたすらアリだけ見てきた脅威のアリ博士。
三船美佳さんとTVクルーも、「すごい~」とかけつけてくれました(ホントは地域おこし隊の取材でした)。

アリがいた!いた!

そんなのアリ!?~アリの摩訶不思議な社会~
そんなのアリ!?~アリの摩訶不思議な社会~

 当然ながら冬にもアリは生きています。では、どこにいるでしょうか。

 目からうろこのアリのお話の後、竹林に出発。竹を割ると…、いたあああ。ぞろぞろ、アリの集団がでてきました。そう、ここで越冬していたのです。みなさんがよく知っている地下に迷路のような作る種類は、ごく一部だそうです。

 

シロアリ登場

そんなのアリ!?~アリの摩訶不思議な社会~
そんなのアリ!?~アリの摩訶不思議な社会~

 次は、シロアリを探します。木を割っていくとでてきました。働きアリを採集してきます。そしてボールペンで何か描いて、その上にシロアリを放すと、ナントその上をたどって歩くではありませんか。これはボールペンの中に、フェロモンと似た物質が含まれているために、それに誘導されて歩くそうです。

 知らないこと満載のアリのイベントでした。