里山の自然にふれてみよう。岡山県自然保護センター

メニュー
ログイン

文字の大きさ

センターからの最新お知らせ

2019/10/12

タンチョウ散策のおしらせ 10/12更新

明日10月13日(日)のタンチョウ散策は、風速が4mある為、中止します。 なお、14日(月)タンチョウ散策については未定です。 今年も10月27日(日)に佐伯タンチョウ愛護会主催で行われる「タンチョウフェスタ」の開催に向けて、9月29日(日)よりタンチョウの散策を行います。 時間は10:20から12:00まで数回行う予定です。 日程は以下の通りです。 12日(土)中止 13日(日)中止 14日(月)中止の可能性 16日(水)追加予定 17日(木) 18日(金)追加予定 19日(土) 20日(日) 21日(月) 24日(木) 27日(日) タンチョウフェスタ開催 ※雨天・荒天時は予告なく中止する場合がございますので予めご了承ください。晴天時であっても風のある日は同様に中止する場合がございます。中止する風の状況は、風力階級で3以上、若しくは風速で3m/秒以上。顔に風が感じられ、木の葉や細かい小枝がたえず動くようになった場合を目安にしています。


2019/10/06

湿原の草取りPart1

秋ですね!今年も草取りの時期がやって参りました。今日は湿生植物園西の谷の一番奥上流部の草取り、というかもはや池造りです。湿生植物園にまんべんなくじわじわと水がいきわたるようにするため、上流部に池をつくりました。今日はボランティアの方が5名に所長と藤田が加わり、総勢7名で草取りと引っぺがし作業です。10時から開始して休憩をはさみつつ15時まで行いました。その成果がこちら!


2019/08/16

幸せを呼ぶ青い蜂 発見

タンチョウ棟付近のオミナエシに幸せを呼ぶ青い蜂と言われる ルリモンハナバチが来てました。夏から秋まで見られるそうです、会えるとラッキーかも?


2019/07/29

サギソウが咲き始めました

サギソウが湿生植物園で咲き始めました。 本日のお昼、西の谷の木道から離れた目立たない所に6花確認しました。 中に、しおれた花もあり、数日前から開花していた可能性があります。 サギソウは、小さな植物しか生えることができない貧栄養な湿原に生える植物です。 センターの湿原は、自然の遷移(時間の経過により草原が森になるといった現象)により、大型の植物が繁茂してきていたため、昨年度からその駆除作業を本格的に始めました。 この作業、有識者の助言や、センターボランティアさん達の人的助力により推進し、昨年度のトキソウ、サギソウの開花やハッチョウトンボの発生状況について、既に成果が見え始めていました。 トキソウは、昨年度の1,500花に対し、今年度は約10,000花。 ハッチョウトンボは、昨年度の55個体に対し、今年度は約150個体と明確な成果が現れてきています。 サギソウの昨年度の開花数は1,300花でしたが、今年はどんな咲きっぷりを見せてくれるでしょう。 見頃はお盆から8/20頃ではないかと思います。 是非、良いタイミングでお立ち寄りください。


2019/07/21

企画展「夜のセンターはけものの世界だった」

はじまりました!企画展「夜のセンターはけものの世界だった」。 夜が来ました。ヤッホー!「人が帰ったぞ」とばかり、夜の自然保護センターはけものの楽園になります。 まずは、子ども達のけもの体験コーナー。アナグマの巣のような迷路を延々と進みます。長いトンネルを抜けるとそこは(雪国じゃない)夜のけものの達の世界に突入……したら、迷っています。勇者の君の挑戦を待っております。